グルコサミンだけはダメ!タマゴサミンを摂取!

関節痛に悩んでいると、グルコサミン単体のサプリメントでカバーしようとする人がいます。しかし、グルコサミンを摂取しただけでは関節は良い状態になりません。もう少し総合的に考えなければならないのです。

ここでは成分のグルコサミンとともに有効成分をしっかりと補給できるタマゴサミンの摂取をおすすめします。なぜグルコサミンだけでは、関節は良くならないのか、なぜタマゴサミンがおすすめなのか、といったことも併せて説明します。

グルコサミンだけではパワー不足

・グルコサミンを関節に補給する力が限定的である

グルコサミンを摂取すれば、確かに関節に補給する材料はあるわけです。しかし、その材料も関節に運ばれなければ意味がありませんよね。

実はグルコサミンを摂取しただけでは、関節の助けにはなりにくいことが多いのです。原料はあっても、関節のクッションを形成する時に手助けしてくれるような存在がありません。ですから、結果的にせっかく摂取したグルコサミンは利用されずに放置され、排出されてしまうケースも有ります。

利用されないで排出されてしまえば、わざわざサプリメントで摂取すること自体の意味がありませんよね。

タマゴサミンでグルコサミンを摂取すれば関節へ送られやすくなる

・iHA(アイハ)の働きに大注目

タマゴサミンにはグルコサミンやコンドロイチンも含まれていますが、それらの成分とともに注目成分のiHA(アイハ)と呼ばれる成分が含まれているのです。

iHAに関しては、摂取されたグルコサミンを関節のクッション性分に生成する機能があります。要は、サポート機能があるわけです。

単にグルコサミンだけを摂取してしまうと、クッション性分を生成する機能自体が高まりません。そこで iHAを摂取して高めてやることが肝心です。

ちなみに、タマゴサミンにはたっぷりとグルコサミンやコンドロイチンが含まれています。他のサプリメントを利用して、わざわざ補給する必要はないので安心してくださいね。

iHAの摂取は体に問題ないの?

タマゴから抽出された成分なので、毎日摂取したとしても特段、大きな心配をする必要はありません。安心して取り入れることが出来ます。

タマゴサミンですが、1日の摂取量はわずか3粒です。10粒飲まなければならない、なんてことはないので、圧倒的に利用しやすい、といったメリットが有るんですよ。