タマゴサミンに含まれる成分と効果

関節痛に悩んでいる方におすすめできるのがタマゴサミンです。タマゴサミンにはいくつかの成分が含まれているのですが、主な成分は4つあります。こちらではその4つの成分を紹介するとともに、それぞれの効果について解説します。

タマゴサミンの注目成分:iHA

・関節成分のサポート機能あり

iHAとは「アイハ」と読みます。栄養素が凝縮されており、高い機能性があることでも知られているのです。

元々の成分はタマゴです。そもそもタマゴには栄養が凝縮されているわけです。それをバイオ技術で抽出してサプリメントに含めることに成功しました。

iHAには、関節にある大事な成分の生成を助ける、といった機能を持っています。年齢とともに、関節成分はすり減ってしまい、さまざまな問題が発生するのです。

関節にはクッション成分としてコラーゲンやコンドロイチン、そしてグルコサミンやヒアルロン酸といったものがあるわけです。それらが減ってしまうことで、骨通しが擦れ合って痛みが発生します。

iHAには、それらの関節の有効成分を定着させたり生成をサポートする、といった機能が認められているのです。

タマゴサミン含有の有効成分:N-アセチルグルコサミン

・通常のグルコサミンよりも容量が多い

グルコサミンにも様々な種類があるのですが、N-アセチルグルコサミンは一般的なグルコサミンの3倍のパワーが有ることでも知られています。仮に量が少なかったとしても、パワーがあるので十分は働きが期待されています。
タマゴサミンには1日あたり400ミリグラムが入っているわけですが、通常のグルコサミンの1,200ミリグラムに相当するわけです。

タマゴサミン含有の有効成分:濃縮コンドロイチン

・コンドロイチンを濃縮することに成功

コンドロイチンを高濃度で濃縮することに成功したのが濃縮コンドロイチンです。1日あたり85ミリグラムの摂取となるのですが、なんと300ミリグラムを摂取したのと同様の濃度となっているのです。

効率的にコンドロイチンを摂取できるのがタマゴサミンです。

タマゴサミン含有の有効成分:Ⅱ型コラーゲン

・減りやすいコラーゲン

Ⅱ型コラーゲンは、非常に減りやすいことでも知られています。関節の重要なクッション成分なのですが、減りやすく関節に大きなダメージを与えてしまうのです。

そこでタマゴサミンはⅡ型コラーゲンを含ませました。軟骨抽出物となっており、関節に補給しやすい状態として含ませています。

定期的にタマゴサミンで補給することにより、関節のコラーゲン量が回復します。