今までのサプリとタマゴサミンの違い

関節痛を緩和するとされるサプリメントは今までもたくさんありました。しかし、「タマゴサミン」は、それらのサプリメントと一線を画しているのです。

ここでは、いままでのサプリとタマゴサミンの違いについて解説します。

いままでのサプリメントは原料だけしか含まれていない!

・タマゴサミンにはiHAが含まれている!

いままでの関節痛系のサプリメントは、

・グルコサミン
・コンドロイチン
・コラーゲン

といった成分だけを含んでいました。それらの成分が悪いわけではありませんが、実は単体で摂取してもあまり関節に役立ってくれるわけではなかったのです。

グルコサミンなどの成分は、我々の体に吸収されると一度分解されます。そして再構築されて関節などに行き渡るようになります。しかし、高齢になると再構築する力が衰えているわけです。せっかく素晴らしい成分を摂取したのに、関節には全く活かされない、といった状況になってしまいます。

そこで出番になるのが、タマゴサミンに含まれるiHAです。iHAは、グルコサミンやコンドロイチンなどの成分を作り出すための工場のような役割をしています。要は、グルコサミン・コンドロイチン・コラーゲンを関節に行き渡らせてくれるような役割があるのです。

いままでの関節痛関係のサプリには、そのiHAが含まれていませんでした。だからこそ、良い効果が得られにくかったのです。タマゴサミンであれば、関節のクッション成分とともに、クッション成分を創りだす能力の有る成分まで摂取できるのです。ココが、タマゴサミンといままでのサプリの最大の違いとなります。

証明済み!iHAでクッション成分が実際に増える!

・ファーマフーズの実験結果に注目

実際に、クッション成分について調査を実施されています。その調査によると、iHAを添加していないものを100%の状態とすると、iHA10ミリグラムを添加したものを摂取するとクッション成分が200%になることがわかったのです。なんと2倍も増える、といった驚きの結果が現れたわけです。

iHAについては、聞いたことがない、といった方も多いかも知れません。しかし、実際に高い効果が認められていることがわかっているわけです。いままでの関節痛緩和サプリメントでは、このような事実が認められている、といったことはほとんどありませんでした。より効果の高いサプリメントを利用したい、といった気持ちがあるのであれば、タマゴサミンを積極的に活用すべきです。