iHA(アイハ)の機能を徹底調査

タマゴサミンは関節痛対策として有名なサプリメントです。多くの方から支持されている事実があるわけですが、そのサプリメントに含まれている成分として注目できるものがあります。それはiHA(アイハ)です。

ここではiHA(アイハ)の機能を詳しく調査します。どんな効果を我々にもたらしてくれるのでしょうか。

軟骨細胞の生成をサポートしてくれる

・軟骨の成分を強化してくれる

我々の軟骨は、破壊と再生を繰り返していることになります。破壊されて減ってしまったものは再生すれば機能を回復できるわけですが、元通りに戻らない、といったこともあるのです。その結果、骨同士がぶつかってしまい、痛みが生じてしまいます。

iHA(アイハ)には、軟骨細胞自体になる能力はありません。ヒアルロン酸やコンドロイチンではないのです。しかし、それらの軟骨細胞の生成を手助けしてくれます。ヒアルロン酸やコンドロイチンが軟骨細胞になるようにサポートしてくれるのです。

仮に、軟骨細胞であるヒアルロン酸やコンドロイチンを摂取したとしても、すべてが軟骨細胞にはなりません。しかし、iHA(アイハ)を一緒に摂取できれば、より効率的に軟骨細胞にしてくれるわけです。

ヒアルロン酸の生産に大きく関わるiHA(アイハ)

・ヒアルロン酸の生産量を増やすiHA(アイハ)

軟骨細胞はヒアルロン酸を生成しています。ただし、軟骨におけるヒアルロン酸の量は減りやすい、といった特徴があります。そもそも、軟骨細胞はヒアルロン酸を生成しにくい、といった特徴を持っているのです。

そこで注目して欲しいのがiHA(アイハ)の力です。iHA(アイハ)であれば、軟骨細胞の機能を高められます。その結果、ヒアルロン酸の生産量が増大するわけです。

ヒアルロン酸には保水機能があります。より軟骨をみずみずしく保つのに役立ってくれるわけです。軟骨に水分が含まれるようになれば、より健康的な状態になるわけです。水分がたっぷりだとクッション性が増し、痛みを防げるようになるわけです。

従来のサプリメントにはiHA(アイハ)は含まれていない!

以前販売されていたようなサプリメントは、コンドロイチン・ヒアルロン酸・コラーゲン・グルコサミンといった成分だけが含まれていました。しかし、それらの成分は体内に入ると一度分解されて再構成されるのです。

再構成されたとしても、必ずしも軟骨にいかされるわけではなく、排出されてしまう可能性もあります。

一方でiHA(アイハ)が入っていれば、再構成力も強くなりますし、軟骨にも活かされやすくなるわけです。