タマゴサミンに含まれる成分と効果

関節痛に悩んでいる方におすすめできるのがタマゴサミンです。タマゴサミンにはいくつかの成分が含まれているのですが、主な成分は4つあります。こちらではその4つの成分を紹介するとともに、それぞれの効果について解説します。

タマゴサミンの注目成分:iHA

・関節成分のサポート機能あり

iHAとは「アイハ」と読みます。栄養素が凝縮されており、高い機能性があることでも知られているのです。

元々の成分はタマゴです。そもそもタマゴには栄養が凝縮されているわけです。それをバイオ技術で抽出してサプリメントに含めることに成功しました。

iHAには、関節にある大事な成分の生成を助ける、といった機能を持っています。年齢とともに、関節成分はすり減ってしまい、さまざまな問題が発生するのです。

関節にはクッション成分としてコラーゲンやコンドロイチン、そしてグルコサミンやヒアルロン酸といったものがあるわけです。それらが減ってしまうことで、骨通しが擦れ合って痛みが発生します。

iHAには、それらの関節の有効成分を定着させたり生成をサポートする、といった機能が認められているのです。

タマゴサミン含有の有効成分:N-アセチルグルコサミン

・通常のグルコサミンよりも容量が多い

グルコサミンにも様々な種類があるのですが、N-アセチルグルコサミンは一般的なグルコサミンの3倍のパワーが有ることでも知られています。仮に量が少なかったとしても、パワーがあるので十分は働きが期待されています。
タマゴサミンには1日あたり400ミリグラムが入っているわけですが、通常のグルコサミンの1,200ミリグラムに相当するわけです。

タマゴサミン含有の有効成分:濃縮コンドロイチン

・コンドロイチンを濃縮することに成功

コンドロイチンを高濃度で濃縮することに成功したのが濃縮コンドロイチンです。1日あたり85ミリグラムの摂取となるのですが、なんと300ミリグラムを摂取したのと同様の濃度となっているのです。

効率的にコンドロイチンを摂取できるのがタマゴサミンです。

タマゴサミン含有の有効成分:Ⅱ型コラーゲン

・減りやすいコラーゲン

Ⅱ型コラーゲンは、非常に減りやすいことでも知られています。関節の重要なクッション成分なのですが、減りやすく関節に大きなダメージを与えてしまうのです。

そこでタマゴサミンはⅡ型コラーゲンを含ませました。軟骨抽出物となっており、関節に補給しやすい状態として含ませています。

定期的にタマゴサミンで補給することにより、関節のコラーゲン量が回復します。

グルコサミンだけはダメ!タマゴサミンを摂取!

関節痛に悩んでいると、グルコサミン単体のサプリメントでカバーしようとする人がいます。しかし、グルコサミンを摂取しただけでは関節は良い状態になりません。もう少し総合的に考えなければならないのです。

ここでは成分のグルコサミンとともに有効成分をしっかりと補給できるタマゴサミンの摂取をおすすめします。なぜグルコサミンだけでは、関節は良くならないのか、なぜタマゴサミンがおすすめなのか、といったことも併せて説明します。

グルコサミンだけではパワー不足

・グルコサミンを関節に補給する力が限定的である

グルコサミンを摂取すれば、確かに関節に補給する材料はあるわけです。しかし、その材料も関節に運ばれなければ意味がありませんよね。

実はグルコサミンを摂取しただけでは、関節の助けにはなりにくいことが多いのです。原料はあっても、関節のクッションを形成する時に手助けしてくれるような存在がありません。ですから、結果的にせっかく摂取したグルコサミンは利用されずに放置され、排出されてしまうケースも有ります。

利用されないで排出されてしまえば、わざわざサプリメントで摂取すること自体の意味がありませんよね。

タマゴサミンでグルコサミンを摂取すれば関節へ送られやすくなる

・iHA(アイハ)の働きに大注目

タマゴサミンにはグルコサミンやコンドロイチンも含まれていますが、それらの成分とともに注目成分のiHA(アイハ)と呼ばれる成分が含まれているのです。

iHAに関しては、摂取されたグルコサミンを関節のクッション性分に生成する機能があります。要は、サポート機能があるわけです。

単にグルコサミンだけを摂取してしまうと、クッション性分を生成する機能自体が高まりません。そこで iHAを摂取して高めてやることが肝心です。

ちなみに、タマゴサミンにはたっぷりとグルコサミンやコンドロイチンが含まれています。他のサプリメントを利用して、わざわざ補給する必要はないので安心してくださいね。

iHAの摂取は体に問題ないの?

タマゴから抽出された成分なので、毎日摂取したとしても特段、大きな心配をする必要はありません。安心して取り入れることが出来ます。

タマゴサミンですが、1日の摂取量はわずか3粒です。10粒飲まなければならない、なんてことはないので、圧倒的に利用しやすい、といったメリットが有るんですよ。

iHA(アイハ)の機能を徹底調査

タマゴサミンは関節痛対策として有名なサプリメントです。多くの方から支持されている事実があるわけですが、そのサプリメントに含まれている成分として注目できるものがあります。それはiHA(アイハ)です。

ここではiHA(アイハ)の機能を詳しく調査します。どんな効果を我々にもたらしてくれるのでしょうか。

軟骨細胞の生成をサポートしてくれる

・軟骨の成分を強化してくれる

我々の軟骨は、破壊と再生を繰り返していることになります。破壊されて減ってしまったものは再生すれば機能を回復できるわけですが、元通りに戻らない、といったこともあるのです。その結果、骨同士がぶつかってしまい、痛みが生じてしまいます。

iHA(アイハ)には、軟骨細胞自体になる能力はありません。ヒアルロン酸やコンドロイチンではないのです。しかし、それらの軟骨細胞の生成を手助けしてくれます。ヒアルロン酸やコンドロイチンが軟骨細胞になるようにサポートしてくれるのです。

仮に、軟骨細胞であるヒアルロン酸やコンドロイチンを摂取したとしても、すべてが軟骨細胞にはなりません。しかし、iHA(アイハ)を一緒に摂取できれば、より効率的に軟骨細胞にしてくれるわけです。

ヒアルロン酸の生産に大きく関わるiHA(アイハ)

・ヒアルロン酸の生産量を増やすiHA(アイハ)

軟骨細胞はヒアルロン酸を生成しています。ただし、軟骨におけるヒアルロン酸の量は減りやすい、といった特徴があります。そもそも、軟骨細胞はヒアルロン酸を生成しにくい、といった特徴を持っているのです。

そこで注目して欲しいのがiHA(アイハ)の力です。iHA(アイハ)であれば、軟骨細胞の機能を高められます。その結果、ヒアルロン酸の生産量が増大するわけです。

ヒアルロン酸には保水機能があります。より軟骨をみずみずしく保つのに役立ってくれるわけです。軟骨に水分が含まれるようになれば、より健康的な状態になるわけです。水分がたっぷりだとクッション性が増し、痛みを防げるようになるわけです。

従来のサプリメントにはiHA(アイハ)は含まれていない!

以前販売されていたようなサプリメントは、コンドロイチン・ヒアルロン酸・コラーゲン・グルコサミンといった成分だけが含まれていました。しかし、それらの成分は体内に入ると一度分解されて再構成されるのです。

再構成されたとしても、必ずしも軟骨にいかされるわけではなく、排出されてしまう可能性もあります。

一方でiHA(アイハ)が入っていれば、再構成力も強くなりますし、軟骨にも活かされやすくなるわけです。

iHA(アイハ)には副作用があるのか?

タマゴサミンに入っている有効成分として、iHA(アイハ)を見逃すことは出来ません。非常に機能性があることでも知られているわけですが、あまり聞かないネーミングでもありますよね。そこで心配になってくるのが安全性です。

こちらではiHA(アイハ)の安全性について解説します。

危険?安全?iHA(アイハ)に危険性はないのか?

・現在、副作用報告例なし

iHA(アイハ)は極めて安全性が高いことが分かっています。現状で、幾つかのサプリメントに含まれ始めているのですが、これといった副作用は報告されていないのです。

そもそもiHA(アイハ)は科学的に作られたものではありません。自然界にあるものなのです。卵黄から抽出されたものなので、卵を食べて全く問題長い、といった人であれば、利用して問題になることは考えられません。安心して摂取できるのがiHA(アイハ)なのです。

サプリメントは、食品の一つです。医薬品とは違うので、それほど神経質になることはありません。

iHA(アイハ)の服用時に注意すべきこと

・過剰摂取はひかえること

サプリメントの用法用量はしっかりと守らなければなりません。過剰摂取をしてしまえば、自身の行いから副作用を招いてしまうことも考えられるのです。

たとえば多く飲み過ぎると、胃部不快感や吐き気、さらに下痢といった症状を引き起こすことがあります。それらはiHA(アイハ)に問題があるわけではありません。サプリメントを飲み過ぎたことにより胃腸の状態がおかしくなってしまったのです。

過剰摂取はせずに、決められた量を摂取してくださいね。ちなみに、タマゴサミンは1日あたり3粒の摂取が目安となります。痛みが強いからといって、1日10粒や20粒飲むのは避けて下さい。

・卵アレルギーの方は避けたほうが無難

iHA(アイハ)を摂取することで卵アレルギーが起こってしまうかは今のところは分かっていません。しかし、タマゴから抽出されているので、アレルギーが起こってしまう可能性は十分に考えられるのです。

元々卵アレルギーを持っている方は利用しないのが無難です。どうしても利用したいというのであれば、かかりつけ医などに聞いたうえで利用するかを判断しましょう。

・医薬品との併用の注意点

飲み合わせについては、ほとんど気にしなくても良いのですが、医薬品をたくさん飲んでいる方は何かしらの不具合が出てしまう可能性があります。医薬品を利用している方は、やはり医師に相談することをおすすめします。

タマゴサミンの効果的なのみ方とは

サプリメントもタダではありません。お金がかかるものなので、やはり効果的に利用する、といったことを考えるべきです。ここでは、タマゴサミンの効果的な飲み方をお教えします。

たとえば、飲む時間帯はいつが良いのか、どんなドリンクを利用して飲めばいいのか、といったことを知りたい方は必見です。

タマゴサミンをどのようなドリンクで飲むのが効果的か?

・ミネラルウォーターがおすすめ

サプリメントは医薬品と違うので、お茶やコーヒーと一緒に飲んでしまうことがあるのです。しかし、それらのドリンクには、「タンニン」といったものや「カフェイン」が含まれているわけです。実はタマゴサミンの栄養素と、それらの物質がくっついてしまうのです。

分子が高くなってしまい、腸から体内に吸収されにくくなってしまいます。せっかく服用したのに、有効成分が排出されるような憂き目にあってしまうのです。

そこでおすすめしたいのがミネラルウォーターです。ミネラルウォーターであれば、タンニンやカフェインも含まれていません。タマゴサミンの吸収をサポートしてくれるわけです。

・ミネラルウォーターの温度は?

冷蔵庫などで冷やしているような状態は避けて下さい、冷たい水は、胃腸を冷やしきってしまうのです。冷えると胃腸は機能低下してしまい、消化吸収が妨げられてしまいます。

タマゴサミンを飲むときは「常温」といったことを心がけましょう。

タマゴサミンの飲む時間帯とは?

・食後30分以内がベスト

タマゴサミンの摂取時間は、基本的に制限されているわけではありません。利用したい時間帯に利用できるわけです。しかし、飲む時間帯によって効果が異なってくるのは紛れもない事実です。

タマゴサミンの摂取時間としておすすめなのが、食後の30分以内です。食後の30分以内であれば胃酸が出ている状態なので、消化吸収されやすい、といった徳勝があります。胃で分解され、腸で効率的に吸収されるようになるわけです。

食前に飲む方法もありますが、胃酸が少ない状態なので分解に時間がかかってしまうことも考えられるので、あまりお薦めはできません。

寝る前に飲むといった手法もありますが、胃の中にサプリメントが残ってしまうと、胃腸に負担をかけることにもなるので注意してください。

どれくらいの期間飲み続ければ良いのか?

・最低でも2ヶ月から3ヶ月

体質を変えるためには、それなりの期間飲み続けなければなりません。最低でも2ヶ月から3ヶ月はどうしてもかかるのです。1ヶ月程度で服用をやめてしまうと、効果を確認しないまま服用をストップしたことになるので、意味が無いことをしたことにもなりかねません。

今までのサプリとタマゴサミンの違い

関節痛を緩和するとされるサプリメントは今までもたくさんありました。しかし、「タマゴサミン」は、それらのサプリメントと一線を画しているのです。

ここでは、いままでのサプリとタマゴサミンの違いについて解説します。

いままでのサプリメントは原料だけしか含まれていない!

・タマゴサミンにはiHAが含まれている!

いままでの関節痛系のサプリメントは、

・グルコサミン
・コンドロイチン
・コラーゲン

といった成分だけを含んでいました。それらの成分が悪いわけではありませんが、実は単体で摂取してもあまり関節に役立ってくれるわけではなかったのです。

グルコサミンなどの成分は、我々の体に吸収されると一度分解されます。そして再構築されて関節などに行き渡るようになります。しかし、高齢になると再構築する力が衰えているわけです。せっかく素晴らしい成分を摂取したのに、関節には全く活かされない、といった状況になってしまいます。

そこで出番になるのが、タマゴサミンに含まれるiHAです。iHAは、グルコサミンやコンドロイチンなどの成分を作り出すための工場のような役割をしています。要は、グルコサミン・コンドロイチン・コラーゲンを関節に行き渡らせてくれるような役割があるのです。

いままでの関節痛関係のサプリには、そのiHAが含まれていませんでした。だからこそ、良い効果が得られにくかったのです。タマゴサミンであれば、関節のクッション成分とともに、クッション成分を創りだす能力の有る成分まで摂取できるのです。ココが、タマゴサミンといままでのサプリの最大の違いとなります。

証明済み!iHAでクッション成分が実際に増える!

・ファーマフーズの実験結果に注目

実際に、クッション成分について調査を実施されています。その調査によると、iHAを添加していないものを100%の状態とすると、iHA10ミリグラムを添加したものを摂取するとクッション成分が200%になることがわかったのです。なんと2倍も増える、といった驚きの結果が現れたわけです。

iHAについては、聞いたことがない、といった方も多いかも知れません。しかし、実際に高い効果が認められていることがわかっているわけです。いままでの関節痛緩和サプリメントでは、このような事実が認められている、といったことはほとんどありませんでした。より効果の高いサプリメントを利用したい、といった気持ちがあるのであれば、タマゴサミンを積極的に活用すべきです。